takisan no only one shop



不整脈にならないように

心臓への負担減らす

心房細動は脳梗塞を起こし、心室細動は心停止をきたします。心臓においては一瞬の電気のつまずきが脈の乱れを起こすこともあれば、その人の命を奪うこともあります。電気の故障による不整脈というものが、人生を狂わせるのである。
電気の故障ならそれを修理すれば事は解決するように思われるかもしれませんが、それだけでは理想の治療とはいえません。不整脈がなぜ起こっているか、その原因を突き止め、そこを治すのが本筋というものであります。
大多数は何らかの原因で心筋が傷害を受ける結果、電気が通りにくくなったり、迂回するようになって不整脈を引き起こす。そのような心筋の病気はいろいろあります。
理由が何であれ、心臓への負担が増してくると、やがて心筋が弱って来ます。例えば先天的に心臓の一部に穴があいていたり、あるいは心臓の弁に以上がある場合である。高血圧が長年続いた場合にも心筋が厚く硬くなり、心臓が広がりにくくなって心不全を起こすことがあります。
心不全というのは心臓のポンプに問題が生じてうまく血液を全身へ送れなくなるために、息苦しくなったり、足がむくんだりするものであり。そして弱った心筋から不整脈が出ます。
最初から心筋に異常が生じる病気もあります。ウイルスの感染が原因とされる心筋炎や、心筋を構成するタンパクの遺伝子異常によって心筋が厚くなる肥大型心筋症などでもさまざまな不整脈が発生します。あるいは拡張型心筋症といって、原因はよくわからないが心臓全体の力が弱まってしまう病気もありますが、その場合も心不全や不整脈をしばしば引き起こします。
中高年で深刻なのは心筋梗塞です。心筋を養っている冠動脈という細い血管が、突然詰まってしまい、その先の心筋が死んでしまう病気です。当然その部分の収縮が亡くなるので心不全を来たすこともありますが、病院にたどり着く前に危険な不整脈で命を失う例が3〜4割にも達します。
狭心症でも危険な不整脈が出ることはあるが、こちらは心筋への血流遮断が一時的か、あるいは不完全なために心筋が生きているものをいう。いずれにしても、心筋が酸素不足になると胸が痛くなって気づくことが多く、治療法もどんどんと改良されている。
しかし、もともとといえば冠動脈の動脈硬化が原因です。となると高血圧、糖尿病、喫煙、高コレステロール血症などを治すのが先決というものです。
いつも言われていることですが、大切なハートを守るためです。


三田村秀雄・東京都済生会中央病院副医院長 上毛新聞記事より




タキさんのオンリーワンショップトップ    ブログトップ

Q & A 参考著書  製造工程  法律表記  ショッピング ご 注 文
 

ルンブルクスルベルス専門ショップ

(C)Copyright 2005-06 タキさんのオンリーワンショップ All Right Reserved

SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO