takisan no only one shop

配偶者なしで、冬が危険!!

死亡統計 脳血管疾患と心疾患

夫や妻がいない人の冬が最も危ない・・・。
厚生労働省が24日に発表した脳血管疾患と心疾患で死亡した人の統計から、こんな傾向が浮かび上がりました。
厚労省は「配偶者がいないと食生活が不規則になったり、ストレスが重くなったりするのが影響しているのではないか」と分析しています。
厚労省によると、2004年の全死亡数約百三万人のうち心筋梗塞や心不全などの心疾患は約十六万人。脳梗塞や脳出血などの脳血管疾患は約十三万人。
二疾患は循環器系疾患で、合計するとがんの三十二万人に匹敵する。
月別で見ると、ニ疾患とも一月が最も多く、冬に集中。六月から九月の各月は一月の61〜73%にとどまっている。冬は血管の収縮が激しい上、病状悪化の引き金になるカゼを引きやすいためで、がんに比べて季節の影響を受けています。
一方、2000年のデータで、年齢構成を考慮した死亡数(人口十万人当たり)は、心疾患では妻がいる男性が約九十一人なのに、未婚者は約二百五十七人、妻と死別した人は約百五十八人でした。
女性は、夫がいる人の約四十六人に対して、未婚者は約百三十一人、死別した人は約八十四人で、男女とも配偶者がいない人の死亡率が高かった。脳血管疾患も同様の傾向が見られました。
04年の都道府県別では、男性の心疾患は青森が最も高く、愛媛、岩手が続いた。女性は愛媛、埼玉、徳島の順。脳血管疾患は、男性が青森、岩手、秋田、女性は岩手、青森、栃木の順でした。
厚労省は生活習慣病対策に重点を置き、05年からの十年間で、循環器系疾患の死亡率の25%減を目標にしています。
2006/2/25
詳しい数字は下記の厚生労働省の統計をご覧下さい。

心疾患−脳血管疾患死亡統計の概況
人口動態統計特殊報告


タキさんのオンリーワンショップ トップ      ブログに戻る

ルンブルクスルベルス専門ショップ

(C)Copyright 2005-06 タキさんのオンリーワンショップ All Right Reserved


SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO