takisan no only one shop  

<P><BR>
</P>
<P align=

今すぐにはじめよう!!
自分で出来る血管によい生活習慣

@ いつも手元にコップ1パイの水。
朝起きたらまず1パイの水、寝る前にも1パイ、寝ている間に汗をかきます。血の濃度も上がってドロドロ状態、薄めましょう。

また、お風呂の前後、運動の前後、にも忘れずに飲みましょう。風呂上りのビールはうまいですが、水分補給は別です。
アルコールによる作用で、水分は失われてしまいます。お酒を飲んだらお水も飲みましょう。

通勤、通学などにもペットボトルを携帯すればいつでも飲めます。

A タバコはやめる。
タバコの恐ろしさはもうご承知の通りです。直接血管を収縮させてしまいます。これを繰り返しているうちに血管そのものがだめになります。

自分の体に悪く、他人まで迷惑をかけてしまいます。


B 青背魚と食物繊維まめにとる。
悪玉コレステロールが酸化して血管壁に付着します。これを防ぐ抗酸化ビタミンを取りましょう。

また高度不飽和脂肪酸DHAやEPAが豊富な青背魚(かつお・さば・ぶり・さんま・まぐろ)は毎日でも取りましょう。

ナトリウムを排泄してくれる食物繊維の多い食品を意識して取りましょう

納豆・にんにく・玉ねぎ・トマトは血液をさらさらにしてくれる大変よい食品です。

C 質のよい睡眠をとりましょう。
睡眠不足は血管をもろくし、傷つけてしまいます。質のよい深い眠りを心がけましょう。

寝る1時間前には照明を落とし、夕食も2時間以上前にとっておきましょう。

D リラックスは降圧剤より効果あり。
深呼吸をしたり、軽いストレッチをするなど、ときどきは交感神経を静めましょう。交感神経は血管を収縮させる作用があります。

生活の中でこまめにリラックスすることは、降圧剤よりも血管にやさしいのです。

また、血管の若さを保つために、ウオーキングなどの有酸素運動は効果は十分です。気持ちもリラックスします。少なくとも週2回ぐらいは心がけたいものです。

毎日、日課になれば尚のことよいのですが、それをすることがストレスにならないよう注意しましょう。自然と歩きたくなることが良いと思います。



タキさんのオンリーワンショップトップに戻る

血流のメカニズム 脳卒中の種類 まえぶれサイン 早朝高血圧

血液のメカニズム メタボリック症候群 心房・心室細動 脳梗塞検査予防は?

Q & A 参考著書  製造工程  法律表記  商 品  ご 注 文  ブログ

ルンブルクスルベルス専門ショップ

(C)Copyright 2005 タキさんのオンリーワンショップ All Right Reserved





SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO