takisan no only one shop  

<BR>
<BR>
</P>
<P align=

内臓脂肪症候群 危険因子複合で動脈硬化

※メタボリック症候群の判定数値は医学的研究結果で変わります。
HPに書かいてある数値はそのときの数値ですので、ご参考までにお願いします。

肥満、高血圧、糖尿病、高脂血症などの危険因子が複合することで動脈硬化などを引き起こすメタボリックシンドロームを知っている人は3%足らずであることが、医療機器メーカー「オムロンヘルスケア」(京都市)の調査でわかりました。
昨年、日本動脈硬化学会など八学会が診断基準を定め、厚生労働省も啓発活動を始めたが、浸透にはまだまだのようです。
調査は、全国の30〜50代の男女1,329人のモニター調査員を対象にインターネットで実施。それによると、「メタボリック−」を聞いたことがある人は23.3%で、内容を知っていた人は2.9%だった。その基準判断を知っている人は0.6%でした。
一方、「メタボリック−」の象徴となる「内臓脂肪」を知っている人は74.4%、その蓄積に不安を感じている人は77.8%と、生活習慣病を警戒している人の多いことが分かりました。
八学会による診断基準では、ウエストのサイズのほか、中性脂肪かコレステロール、血圧、血糖の数字がそれぞれが安全圏内"であっても、複合して危険な状態になる可能性をチェックする。調査を監修した日本心臓財団(東京都千代田区)の杉本恒明副会長は、「さまざまな因子が相乗的に重なって動脈硬化に到る。一般家庭でも自分自身による健康チェックで、予防に取り組んでほしい」などと話しています。

メタボリックシンドローム診断基準

@ウエストサイズが男性85cm以上/女性90cm以上
A中性脂肪150mg/dL以上または
  HDLコレステロール40mg/dL未満
B血圧値130(最高)、85(最低)mmHg以上
C空腹時血糖値110mg/dL以上

@のほかに2項目当てはまれば該当

  

タキさんのオンリーワンショップトップ    ブログトップ

メタボリック症候群@  メタボリック症候群A  メタボリック症候群C メタボリック症候群D

ルンブルクスルベルス専門ショップ

(C)Copyright 2005-06 タキさんのオンリーワンショップ All Right Reserved


SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO