takisan no only one shop


脳卒中の種類

  


● 血管が「つまる」タイプ
 
脳梗塞
血管が詰まる脳梗塞には、「脳血栓(のうけっせん)」と「脳塞栓(のうそくせん)」の2種類があります。

「脳血栓」は、動脈硬化で狭くなった脳動脈が徐々にふさがってつまり,症状は時間単位で進行します。

「脳塞栓」は、心臓や頸部にできた血栓が脳動脈に流れ込んでつまり、秒・分単位で症状が進み、麻痺や意識不明に陥ります。
● 血管が「きれる」タイプ
脳出血
脳の中で血管が破れて、出血を起こします。その原因としては高血圧からくる細動脈硬化が最も多く、他に脳の動脈・静脈の奇形などが引き金になって起こります。

日中の活動中に起こることが多く、出血部位により異なった症状が現れ、150cc以上の出血があれば死に至ります。
クモ膜下出血
くも膜の下の脳の外側を走る血管が破れて出血が起こります。脳動脈瘤の破裂、脳の動脈・静脈の奇形が引き金になります。

脳動脈瘤の破裂は40〜60歳の人に多く、主症状は、頭部に衝撃的な痛み、吐き気、嘔吐、意識障害などが現れます。

発作後24時間以内の再出血が多く、再発では、最初の発作より重症になります。

タキさんのオンリーワンショップトップに戻る
ブログ トップに戻る

Q & A 参考著書  製造工程  法律表記  商 品  ご 注 文

ルンブルクスルベルス専門ショップ

(C)Copyright 2005 タキさんのオンリーワンショップ All Right Reserved




SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO